和洋折衷のお節で品数の多い匠

日本正月に欠かせないお節の重ですが、西欧料理の影響もあってか和系ばかりでは少々物足らない時代といえます。

この中で和洋折衷のお節となると、匠か彩寿ということになります。

個人的にには、少しずつながら色々な味を楽しみたい者にとっては、品数が52種と多い匠が良さそうです。

肉系や野菜、海産系などのバラエティ豊かな食材とその彩りも美しい。

又、それぞれの区分けが小さいために、食べてきってしまっても何かで補うこともできそうです。